厄介なトイレ詰まりもコレを知っていれば自分で直せる!

とにかく流してみる!

家庭用洋式トイレの場合、タンクに溜まった水で汚物を流すようになっています。レバーを回して水を流してみても水が溜まるだけで流れないのならば、今度はバケツに水を用意して、溢れない程度にもう一度勢いよく水を流してみましょう。軽度のつまりであれば、水の勢いで詰まったものを流しきれることがあります。水のハネが気になるときや、水位がぎりぎりまで上がってきているときには、無理は禁物です。他の方法を試してみましょう。

ヤカンに熱湯を用意しよう!

バケツで勢いよく水を流しても反応がないときには、ヤカンでお湯を沸騰させましょう。これはお茶を入れて気分を落ち着かせようというものではなく、便器に注ぐためのものです。勘の鋭い方ならお分かりかもしれませんが、トイレットペーパーやその他汚物が詰まりの原因になっているのであれば、それを溶かすことで詰まりが解消できるのです。お湯が沸いたらやけどに注意しながら、即便器に注ぎましょう。詰まりものが溶けて、徐々に水位が下がっていけば成功です。

誰もが知っているアレの出番です!

バケツでも熱湯でも無反応な頑固なトイレ詰まりには、ラバーカップ(通称:すっぽん)を使います。このすっぽん、トイレ詰まりを自力で直すためには必須のアイテムとして広く知られていますが、使い方を熟知している方は残念ながら多くはありません。すっぽんを便器の底まで入れて、カップを引き上げるのですが、底に入れるときに空気をなるべく含まない状態を作るのがポイントです。詰まりものに圧力をかけて詰まりを解消させたいので、溜まっている水を上手く利用すると良いでしょう。もし、これらを繰り返しても反応がないならお手上げです。お金は掛かりますが、素直に専門業者を呼んで修理してもらいましょう。

トイレ詰まりを直す道具はラバーカップと呼ばれ、大きく分けて三種あり、トイレの排水口の形により違います。